静岡県、全県ワースト1位の人口減少を止めるには空港新駅なのか。

JR東海は「静岡空港新幹線駅の建設の許可をしない」

静岡県、全県ワースト1位の人口減少を止めるには空港新駅なのか。

 

今朝の新聞にはリニア中央新幹線の建設に対して、

静岡県が専門家の意見を踏まえた環境影響評価なるものを

JR東海側に示し、それに対して適切な処置がなされていない。

ほぼ、聞き流しているような記事が掲載されていた。

 

川勝知事は以前、JR東海社長とあって要望したが、JR東海側は

一切の聞く耳を持たなかったと記事に出ていたと思われる。

 

なぜ、一向に受け入れないのか

 

理由は明白である。

リニア新幹線は飛行機と戦っているのである。

(構造上はリニアも800km/hが可能)

そんな相手に、最大の利益をもたらす駅を許可するだろうか。

 

県は環境への影響を楯にリニア新駅の許可を申請しているが

上記の上、そこも無理である。

 

ほとんどの新幹線が通過だけする静岡県内において、

次に出る要望は、「のぞみ」を停めることだろうか。

 

まあ、それにしてもJR東海の単費の15兆円(試算)もの工事費を

かけて東京往復が1万円以上する現状を何とかしてもらいたいものだ。

JR東海は民営化後、ドル箱区間により内部留保が年間2000億円とも、)

リニアを作ったからといって改善されるのだろうか。

リニアが出来て、停車の便数を増やせば価格改善はされるのか。

 

独占企業に対する価格交渉権は、国はないのか、当時の民営化の

際にどんな議論がされたのだろうか。

静岡や広域にとって、一番のメリットは運賃の引き下げと私自身は

思うのだが。

 

それか、空港を辞めて、赤字分の30億円を県民に利用者補填として

支給したらどうか。静岡県における人口減少を止めるには、住みやすい

静岡県に居ながら、首都圏等に通いやすいという政策も必要だと考える。