「事務所開きの御礼」に「つぶやき」、「今後の日程」(メルマガ抜粋)

INDEX
【1】  事務所開きにお越しくださりありがとうございました
【2】  最近のつぶやき
【3】  今後の日程
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】  事務所開きの御礼
1月13日、まずもって、新年の、また3連休の大変お忙しい中
宮沢けいすけ事務所開きにお越し頂いた皆様、誠にありがとうございました。

昨日の事務所開きには会場に入りきれないほど(約150名)と大変多くの方に
お集まりいただけました。お寒い中、事務所に入れなかった皆様には大変
ご迷惑をおかけしたことお詫び申しあげます。

さて、事務所開きはできましたが、ここからがいくさのスタートです!
気合を入れて、必ずや皆さまの期待に応えられるように
全力でたたかって参ります。

また、1756年、フランスの政治哲学者ジャック・ルソーは
「その国の政治はその国の国民に比例する」と言い残しました。
この社会を決めているのは政治家でしょうか。時代でしょうか。
いや、ルソーの言葉を借りれば、国民、市民が決めている、
決めることができるということになります。
私ひとりが動くだけでは社会は変わりません。

周りを変えたければ、まずは自身が変わることとも教わりました。
今後も、責任ある世代として孫子に胸を張って残せる街を作って
行けるよう全力でみんなで取組んでゆきましょう!

最後に、当日来れなかったという方からも多くの連絡を頂いております。
基本的に事務所は毎日9時から18時はボランティアスタッフさんが
居てくれております。

ぜひ、お気軽にお立ち寄りください。
(2013・1・14記 宮沢圭輔)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【2】 最近のつぶやき 日本が向かうべき方向
「日本が向かうべき方向」
13兆円にもなる補正予算のバラマキが始まり、2月の補正予算の
説明でも来年度事業を前倒し、使えという国からの指示が来ている
との話を受けて、借金の問題は別にします。

ドイツは原発の問題でも倫理委員会が原発事故が起きれば人権に
反するということで、いち早く自然エネルギーに政策を転換しました。
それにより、単年度で30万人の雇用を生み出しました。
一方で、今回の13兆円のバラマキで60万人の雇用を創出すると
日本政府は訴えております。
制度や仕組みを切り替えることにより、30万人の雇用を生み出した
ドイツとバラマキで雇用を創出する日本と、どちらが長続きするでしょうか。

さらに、日本が毎年、エネルギー資源(自給率4%)と称して海外
から購入する石油、石炭、ガス、ウランにかかる費用は約30兆円、
言い換えればお札に火をつけて暖をとっている状況です。

同じ、第2次敗戦国であるドイツと日本。
国債の基準はドイツAaa、日本はAa3と先進国内で最下位である。

これから、どちらに向かうべきか。

大切なこととして、
「熱意」と「労力」、それをどの方向に向かわせるかである。
その方向性が「理念」であり「哲学」になります。
理念や哲学は掛け算です。
いくらプラスの「熱意」と@「労力」があっても「理念」がマイナスであれば
例えば、+5(労力)×-1(理念)=-5の結果を生み出します。

最後に、死者に学ぶ医師「堂園晴彦」氏の文章を掲載します。
(1997年2月Ronzaに記載)
「かつて、電力会社は、ロウソクで生活している山の中の一軒に、電灯を
つけることに誇りと喜びを感じ、経営してきたはずだ。今は原発で住民を
不安に陥れている。
製薬会社は人の命を救うことを目的としてきたはずなのに、血清製剤の
ように無辜の民を死に至らしめ、副作用で人を苦しめる。
電力会社に問いたい、あなた方の会社の理念は何なのかと。
製薬会社に問いたい、あなたは本当に人を救いたいのかと。
銀行に問いたい、あなた方は本来、企業家を育てることが目的では
ないのかと、高利貸しと同じでよいのかと。
(中略)
基本的に人間の最期は自宅で迎えるのが一番いいと思うこと。身近な
人の死に触れるということが、残された者には生きることを見つめ直す機会
となるからである。
それは、人の精神を成長させるのだ。誇りと尊厳をもって行き続けようと
することなのだ。くじけず、人を裏切らずいつもひとの役に立つ生き方が、
人の心に感動を残してゆくのだ。」

もう一度、日本が進む時は、本当の豊かさに近づいた時
になるだろうと、つぶやきとして、残します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【3】  今後の日程とお願い
<最後のお願い>
ぜひ、誘ってください。
・会社の朝礼
・地元の座談会や婦人会や老人会、青年会などの集まり
・飲み会やパティーなど
興味がある、話を聞いていただけるだけでも構いません。
ご連絡お待ちしております。(連絡090‐7869‐2311)

<議会日程>
「平成25年度 2月議会2月8日~3月8日」
・ 2月25 日~28日 本会議上にて個人質問
・ 3月4日~5日 都市建設委員会

「宮沢けいすけを応援する会のイベント」
・ 2月24日10時より 決起集会 会場:高松公園(駿河区宮竹)
・ 3月15日9時より  出発式 宮沢事務所前
・ 3月24日 投票日