オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2010年4月6日

世界の物流の中心地   香港

香港
淡路島の半分の面積に700万人が生活する

世界の物流の中心地。
物流量世界一
金や物資をまわすだけで成り 立つ経済
乗客数は世界第5位

バブル以前は周りには点滅する光が無く、
香港の真ん中にあった空港だった

と ころで日本はなぜハブ空港になれないのか

着陸料金が違う

2005年版の「数字でみる空港」(航空振興財団)によると、
た とえば、B747(430席)ジャンボの場合、国際線の旅客一人当たりの
着陸料は、成田が3,150円、関空が2,743円に対して、先頃、開港 した
中部国際空港が2,178円、香港の1,219円、シンガポールが741円、
ソウルが1,177円。

香港国際空港はギネスが「最も高価な空港」と認定、6年の歳月と
200億ドルの巨費を費やした新空港の建設は、古今を通じて史上最大の
空 港建設プロジェクトとされる一方で現在は顧客満足度世界第1位の
空港に選ばれる

ちなみに着陸料金であるが静岡空港は成田(3,150円)の2/3が
羽田で更に2/3引き下げているのが静岡空港。
それでも香港国際空港 よりも着陸料は高い。

香港国際空港の規模といい、料金といい、日本の空港はとても
アジアのハブ空港にはなれないと実感した

香港で初めて環境問題として運動が起こったのが
リニアモーターカーである

2万ガウスという電磁波に地域住民は苦しんだ
静岡を跨るリニアの計画が進んでいるようだが
果たして大丈夫だろうか

コーディネーター
Hideki氏は
Monkocの駅の南 100万ドルの夜景と称されるビル郡
ファイナンシャルセンターの前 に20年前は水上生活者がいて、
赤ちゃんを買ってくれと売り歩く親の姿を見た。
「この地面に座ってホームレスの姿を見ていた。ホームレス の動きで
この国がわかる。香港のホームレスはリズミカルに動いていた」と
いう。

ビル群が100万ドルの夜景を作り出すその場所は背に山をかかげ、
前に海、中国風水上も最高の場所であり、香港バブル期において
世界中の 建築家が腕を競い合ったプレゼンの場所であった。

HSBCのビルはノーマンホスターが2万通りの案を集積して作られ、
中国銀 行を手がけたペイ氏は三角形を起用したシンプルに存在感を
表した

街は高層ビルが立ち並び、道路は賑わい、人であふれる
こ こでの道路規制は車中心、引かれたほうの運が悪い。
轢かれて死んで裁判に負けることさえある。

中心街で売られる物は高級ブランドから偽物とうたって売っている
ものまで様々である

そういえば、香港国際空港に降り立って空港内のカフェでコーヒーを
買おうとしたことがあった。並んでも次から次へと人が元気よく割り
込 む。

これが香港の活気の始まりだった

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001