オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2010年6月14日

住宅ローンの為に働く日本人

ギリシャは財政破綻して、今でも12時に家に帰ってお昼寝して
仕事をしている

 イタリアもスペインも同じだった
  
 これらの国では400年も前に建てた家に住み、住宅ローンを
 抱えていない
 
 日本は平均26年で家を壊す
 
 住宅ローンを組む平均年齢は34歳、そこから26年、
 60歳で家を壊し、退職金をつぎ込んで家を買う
 
 日本人の男のバーターが家に変わった

 EUやアメリカでは管理をしていれば住宅の値が上がる

 しかし、日本では家を手放せば謝金だらけ
 日本の最大の支出は住宅です

 デンマークでは大学、医療費、住宅費、電気代も1/5、
 お金が掛かる部分が圧倒的に少ない、だから
 破綻したギリシャも国民生活の変化は少ない

 「日本はお金が無ければ生きてゆけない社会」では同じように
 行かないだろう

 ではなぜ、住宅が26年なのか
 日本の住宅で利用される
<木材>
・ベイツガ
・ベイマツ
・ホワイトウッド 
シロアリが大好きでよく育つ

だから食われないように防虫剤を徹底的に使う
その防虫剤はカレー事件で入れたものと一緒である
それが床から7割、壁から3割使われている

しかし、日本の木
・青森のヒバ
・スギの赤身(気を高める効果)
・ヒノキ(精神を落ち着け、よく寝れる)
これらはシロアリが嫌いな木

 日本にはこれらがあり、強い

<コンクリート>
 土台に利用されるコンクリートも一般に水分率が65%
 65%で最大50年
 50%にすれば300年
 45%では800年
 水分が少なければ岩が作れる

 長く持ては住宅費に悩まない次の世代が作れる

<ベニア> 
ベニアの接着実験では
・ラワン 15年
・パイン 3年

スギ、ヒノキは50~100年かかって育つ
30年で壊される住宅は世界中の森を破壊する事になる

天然住宅では300年  
長く使える住宅は社会的に資産になる

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001