オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2010年6月14日

熱帯林がなくなる日

2020年

 熱帯林が無くなる

その最たる原因国 
世界で最も伐採をしている国は 私たち日本である
(木材輸入協会資料)

先日、フィリピンの濁流で500人がなくなったのも
アイヌのカラフトの木を切ったのも、戦前朝鮮半島の木を切って
山を裸にして北朝鮮が貧しいのも、熱帯林の減少の大きな原因も

日本

熱帯林地方では唯一残されている地域がある
パプアニューギニア、ソロモン諸島、ここも今、日本は狙っている

熱帯林の木は一年中夏で生長が止まる事はなく、
年輪もないので
かつら剥きにしてベニア板の材料にされる

 そのベニア最大の利用は コンクリートの型枠に使用される
 が、
 
 数百年、1000年近く時間をかけて育った
 その木で作ったベニアも日本では 
 約1ヶ月で処分される
  

 35年以上 木材輸入量 世界1
 今年から中国が1位、日本が2位になった 
 
 ある日、マレーシアから現地の人が来たそうだ
 「日本は木をこれだけ輸入していて、きっと砂漠のような国だろう」
 と思いながら
しかし、日本の様子を見て
 「なぜ私たちのなけなしの木を切らなければならないのか」
 憤りを感じたそうです

  

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001