オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2010年6月27日

議会質問 森林・林業3回目 意見要望 最後に今後の計画も

これまでの事実確認、施策を通じて論点を示したい

森林の管理について
  現在は木材価格の低下から山の価格も暴落、林地売買の自由から、
 所有者の所在の変化への対応の必要性、他都市、例えば三島市では森
 林売買は勝手に行う事はできません。今だからこそ、山林という、公
 益的資源の管理が必要です。

  公益的視点に立って森林の所有と管理・運用を分けて行う事の出来
 る制度が必要です。
    
林業政策の視点からは
  一時的、単発的な施策や国や県、市など多様な補助金の交付、加え
 て国や県の指示で進められる、机上の森林整備計画。
 それらの事象から、専門的で効率的な経営を担う事の出来る制度が必
 要です。

先ほどの答弁で伺いましたが
  森林の管理・経営に関する高度な知識・経験を有する専門家が森林
  所有者に対し管理・経営のアドバイスを行い、又は、森林所有者の
  委託を受けて自ら管理・経営を行う事ができるフォレスター制度、
  今後の静岡市の森林・林業の為にも
  ぜひ静岡市にも導入して頂く事を要望致します。

次に、出口としての木材の利用についてですが、
  今年の5月17日に策定された木材利用促進法では国産材の利用拡大を
  進め、先日の首 相演説の中でも「10年後の木材自給率50%を国で目
  指す」との宣言がありました。
   しかし、最も利用が見込まれる住宅での空き家総数は市内でも急
  激な伸びを示しており、これまでの住宅政策から、良質なストック
  を後世に残す住宅政策に転換すること、グリーン購入法の観点か
  ら、我々はこれまで35年間世界1の木材輸入量を誇り、海外で何百
  年とかかって育った木材を輸入し、住宅では26年、建築用の型枠利
  用では1カ月で廃棄している現実を見直すこと が必要です。

   これらの事から良質な地域の木材を有効に利用する、認証制度S
  GECを用いた地域材の利用促進を、昨年の9月議会でも質問させて頂
  きましたが、静岡市のみならず地域林業家に対してSGECの取得
  に対して、事務的支援を行って頂けるように要望致します

   最後に「木材利用促進法」では建築以外に工作物やエネルギーと
  新たな項目が入りました。SGECを用いた市の伝統文化である家具材
  への利用や、バイオマスエネルギーへの利用も進めてみては如何で
  しょうか?

   ちなみに市内の全ての人工林の成長率をバイオマスエネルギー換
  算すると、ほぼ静岡市の人が年間利用するエネルギーの20%を賄えま
  す。
   これはスウェーデンのバイオマス利用並みで、また中部電力が
  公表している「みなさんの電力の20%を原発は賄っています」と同等
  のエネルギーに匹敵します。

   地域経済で重要な事は「回転率×お金の量」です。地元の資源を
  うまく使い、お金が外に流出しないよう、地元経済サイクルの穴を
  塞ぎ、この地域でお金と資源が回るようになれば地域経済は絶対に
  良くなります。

   サードセクターや大学とも連携しながら、木材の地産地消、木材
  の多角的な地域利用を通して、新たな静岡市が出来る事を楽しみに
  しています。

☆ その後、何名かで相談して
  「山をみんなの出資で買おう」という話になりました
  手放したいという山をまずは私たちみんなで専門家の指導を
  仰ぎながら管理をしよう
   そして少しでも水源を守ろうと。
   
  また出資する事で「これが私の山なんだよ」と
  一人でも云うようになれば、きっと山は良くなります

  少しずつですが このトラスト事業も始めようと思います
  またご参加くださると嬉しいです 
     

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001