オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2010年6月27日

議会質問1回目 森林・林業について

① 市は、環境資源、水源地として、森林・林業についてどのように捉  えているか
   またそれら民有林中の人工林の規模、林業の出口としての木材の
  価格の低下、山林価格が一部では1/10とまで云われ、それによ
  る林地の所有状況の変化、これらの問題が森林整備の遅れにつなが
  っていると思われるが、市はどう考えている
                  
答弁 水源涵養や環境~ 大事だと思っている
   現在の木材の価格は約1/4 
   山林所有者の20%が市外、県外、不明になっている
   
☆ 山林の価格が低下する中で、私たちが生きる上で必要な水源に
  関して所有者の20%が移行していること
  これには非常に危険である 

      
② 木材利用の一番期待される分野として、住宅の建築材としての需要
  が見込まれますが、最近の統計における静岡市の住宅着工数と木造  着工件数、並びに空きや総数について、また、その状況についてど
  う考えるか、 教えて下さい   (住宅政策課)

答弁 住宅着工数は5,850戸、うち木造着工数は2,799戸
  20年度の住宅・土地統計調査速報値に基づく空家総数は
  40,000戸となっている(全体の15%に上る)
  本市も人口・世帯減少社会の影響を受け、一定量の
  住宅が供給される中で、大量の空き家が発生
   従来の住宅供給中心の政策から、良質な住宅ストックの形成を
  推進する政策への転換を図る

☆ 空家が5年で5%も市内で増加しています。
  これも非常に問題でその空家となる建物の用地は
  元農地だったところが非常に多い
  この答弁は素晴らしい、嬉しいと思う。
  住宅政策課の担当の方は非常に熱心であった

③ 林業を振興してゆくためには、販路拡大、担い手育成、作業路
  の整備が重要と考えるが
  
<需要拡大>
  木材の利用促進の施策として取り組まれている
  柱100本プレゼント事業等の事業実績  
       
答弁 実質売り上げて144件で4500万程度、公共事業に500万

☆ 出口の部分で支援がこれでは厳しい  
  
<担い手事業>
  都市計画マスタープランで担い手は現在の4.8%から、あと14年後の
  2025年には1%になると示されている第1次産業の中で、最も減
  少率が著しいのが林業です。

   その林業担い手育成事業はどのように実施しているのか、またそ  の実績を教えて下さい                    

答弁 2300万円の予算 5人 市有林の調査               
☆ 何にも担い手の支援にもなっていない。
  既に一世代前は梅が島に600件住宅があり、そのうちの 
  400件が林業家であった
   これも今は1/10になっている。
  最も減少著しいのが特に林業家だ。
 
  また、私たちが生きる上で最も重要な仕事の第1次産業が
  100人中 僅か一人にある社会。
  一人が99人を支える これでは無理が来るはずだ

<林業の施業に関する施策> 
   施業の効率化から考えても作業路の整備は非常にじゅうようであ
  ります。この作業路はどのような基準で支援しているのか教えてく
  ださい                                     
答弁 林業組合と意見交換、森林整備計画に基づき施行

                    
☆ 最も重要な林道整備
  これについても補助が多様にある
  実際は声の大きな地主のところに林道が整備されたり 
  不在地主など隣地の集約化が出来ていな事で
  非常に不効率な整備になってしまっている。
  
  また森林整備計画も数字合わせである
  県や国の人間が実際に足を運んで決めて居るわけではない
  
  ☆は私の意見です    

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001