オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2011年4月19日

騙されないでほしい。推進派プロパガンダの拡散 【放射能被爆、外国の基準との比較】  

「たかじんの番組、放射能が体にいい」を掲載したことへの
問い合わせについて

 
小出さんのユーチューブ 
 
「ここまで来たか・・。
 テレビで放送されるのは、放射能拡散推進派である

 新聞の調査ではまだ原発維持、推進が上回っている
 とにかく伝える活動をしなければならない!
 
 放射線技師が20ミリシーベルトであり・・」

これらの記載で理解して頂いけたかと思いましたが「被爆を推進する」 
ように取れる
私の書き方が誤解を招くようであったので有れば
お詫び致します
 
 
 推進派の利権やお金に毒された人間の言葉ではなく
 真実を伝える人間の声を聞いてもらいたいからあえて
 ガンが治るという人間も出てきた

 今、日本が本当に危険な状況に置かれている事を認識してほしい

たとえば

今、日本の子どもの放射能基準は20ミリシーベルト
 世界では1ミリシーベルトを年間浴びる限度としている
  
 ドイツの放射線防護庁では原発周辺の25m四方をメッシュにし
 放射能レベルを測定している
 そして、ドイツが定めている基準値は年間0.3ミリシーベルト

□日本の子どもはドイツ人よりも60倍も放射能に強いのか・・。

子どもたちがどうなったか
チェルノブイリ原発事故・終わりなき人体汚染

 日本はチェルノブイリ原発事故の時に輸入規制を行った
 その際の規制値は370ベクレルであった
 今の皆が食べても大丈夫と云う数値は2000ベクレルである
 
チェルノブイリ被爆 食品による影響

□日本人はチェルノブイリから25年で約7倍も放射能を・・。
 口に入れても良くなったのか

WTOが公表している飲料水に含めれる放射能限度はキログラムあたり
10ベクレルである。
アメリカは何と0.1ベクレル

日本の呑み水は基準限度を300ベクレルとしている

□アメリカ人と比べて3000倍、日本人は飲んでも大丈夫なのか

東海村JCOバケツ臨界ウラン放射線・放射能被爆事故
 

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001