オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2011年5月21日

イグリーナ原発 リトアニアからの報告

5月15日 15:00~
リトアニアからの訪問、地球のスライドショーを世界中で公演
松本ひできさんが来静
意見交換会を開催し、20名ほどの、子どもから50代までの
幅ィ広い層が参加、素晴らしい意見交換が出来ました

 世界で2番目に危険な原発をとめた国、リトアニアから
 日本の現状は「無防備すぎる」とのコメント
 
 リトアニアではとめたにも関わらず、ロシアが国境沿いに
 新規原発建設計画を推進、大陸における問題も提示して頂いた

狭いですが私の家に宿泊

http://domuranokai.eshizuoka.jp/(どむらの会 報告より抜粋)

鹿児島大学非常勤講師 松本英揮さん
ゲストにリトアニアのエコロジスト:イングリダ(妻)とリーナス

 ・世界で2番目に危険なイグリーナ原発を停めた国(原発依存率85%)
 ・経緯(いきさつ)と国民の考え
 ・「日本を旅し、福島に対する思い」
を語ってくださいました。

リトアニアは、チェルノブイリ原発から500KM圏内です

イグリーナ原発は、チェルノブイリ原発と同じ構造で浜岡原発と同様に
活断層上にあり
リトアニアは、イグリーナ原発の停止しないとEU加盟できなかったそうです

イングリダさんが、10歳のころにチェルノブイリ原発事故があり、
その頃も事故に対する情報は、詳しく報道されていなかったそうです。

とにかく、恐怖のあまりヨウ素を飲んでいたし、外出は避けていたと語ってくれました
でも、汚染された野菜しか入手できない為、汚染された野菜を食べていたそうです。
イングリダさんから見た日本は、なぜ冷静なのか?と疑問に思っていました

チェルノブイリ原発事故から7年後に癌でお母さんを亡くしています。
事故が原因なのかは、わかりませんが、要因は、きっとあると話してくださいました。

松本英揮さんからは、自然エネルギー資源のバイオマスについて話してくださいました

このバイオマスは、すごいです。

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001