オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2011年7月11日

命と経済活動

7月11日 お茶の放射能汚染についての話し合いの中で

お茶を買って頂く為には(このままでは売れない) 

透明性のある情報公開が必要
国の基準が信用できない

では

→ 海外の基準よりも下に(厳しく)して、計算方法を明確にして
  どこまで放射能を接種するか 市民に判断して頂くべきでは

しかし
 → 基準を厳しくすれば、数値が超えて売れない製品が出てくる

また 
  → 国はいいと云った基準でなぜいけない
   
結果
  → 売れない 
  → ここまでは 経済を守るために良しとしよう

  → 情報の透明性は進みにくい

 生産者も真剣に悩んでいる
 
 しかし、基準を厳しく、情報の公開は自らの首を絞めかねない

 だから、放射能は安全です
 (しきい値(脱毛等の被爆症状が現れる)以下は考慮しない)   
  
 「あまり騒がないで」と云う事になる

 
 最終的に原発事故も見ないふりをしてしまいかねない

  
  農家が悪いわけでもなく、茶の加工屋(一部体質改善は必要)も
 市場も、放射能すら悪いわけではない
  
  原因は 原発に有るのである
  
  それを忘れてはならない
  
    
  そして、それについてNOと地域が声を出して
  行かなければならないでしょう
  
  誰も責めれない
  
  その元になるリスクをなくすしかないのではないでしょうか

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001