オフィシャルサイト OFFICIAL SITE

宮沢けいすけ KEISUKE MIYAZAWA

2011年8月15日

防災と街路樹の関係

今日は最も尊敬する新聞記者のS氏と数時間に渡り意見交換を
させて頂きました

内容について
・・・・・・・・・・・

 静岡県では東海地震が起こった際に

 火災だけで東北と同規模の死傷者(津波)が出ると云われております

 

 これまで防災公園の設置を進めてこられました

 

 城北公園もその一つです

 城北公園の周りの樹木は難炎性の植栽が植えられており

 近隣住宅地で火災が起きた際の避難地としての役割を

 果たすように考えられて設置しております

 阪神淡路大震災の時には

 延焼の6割を植栽が止めているとの記録があり、防災としての

 市街化内の樹木は重要です

 しかし、現在の静岡市は政令市中一人当たりの樹木が現在

 ワースト2位、一昨年まではワースト1位でした

  

 市街化区域内の樹木は

 木陰を作り、節電対策、省エネに寄与致します

 

 そこで参考までに

 樹木と電機は対立している?

  

 電線地中化で邪魔になるのは樹木の根です

 また、電柱に伝う電線で邪魔になるのが張り出した枝葉になります

 

 どちらも電線、電力には邪魔なモノになってしまうのです

 電力会社に遠慮がちな自治体ほど、街路樹が少なくなっているなんて

 見解もできるかも知れま線

 今後は省エネ、節電に寄与する 市街地のみどりを増やす活動に 

 電力会社も一役買ってくれる、そんな取り組みが必要だと思いました

宮沢けいすけ 事務所

〒422-8044
静岡市駿河区西脇11-1
(TSUTAYA2階・大浜街道側に事務所入口がございます。)
TEL : 080-3060-5554
FAX : 054-236-5001